ランス9 ヘルマン革命

【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!

2013年06月22日

セガサターン エスボンジョイカード+オマケ

 セガサターン時代のチラシを発掘しました。
 何とボンバーマンをモチーフにしたコントローラーです。
 これも1996 HUDSON SOFTと書いてあり、懐かしい限りです。
 ちなみにハドソンがどうなったかWikiを見に行ってみたら・・・昨年解散してましたか・・・。
 思えばボンバーマンシリーズは私もよくプレイしていました。
 
 
old096.JPG


 さてチラシですが、シューティングゲームの必勝アイテムと書いてあります。
 連射MAX26とは、なかなか凄い数字なのでしょうか。
 私はずっと普通のコントローラーでプレイしていたので、こういう物の凄さは実感してません。

 それにしてもボンバーマンのモチーフなのにボンバーマンには使えなそうなところが気になりますが。

 
old095.JPG


 裏はエスボンマルチタップです。ってこっちが表っぽいですね。
 ボンバーマン等の多人数プレイをするには必須アイテムですが、いかんせん私が4人でプレイしていたボンバーマンはSFCでした。
 それ以降は学校を卒業して友人とも疎遠になり、更にゲームはパソコンに移行したのでボンバーマンのソフトすら購入しませんでした。
 それどころか、PS、PS2もソフトは数本ずつしか持っていなかったり!
posted by taki at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

悠久幻想曲 トレーディングカード

 この関連の懐かしいグッズは数点紹介してきましたが、今回はトレーディングカードです。

 
old092.JPG


 確か当時この手のカードの創世記だったはずで、これを皮切りにしたかどうかは分かりませんが、次々に様々なタイトルが発売された記憶があります。
 創世記なだけあって、角が尖っているんですよね。ちょっとした事で傷モノになってしまいます。
 ただしすぐに他のカードは角を丸く加工して発売してました。

 
old093.JPG


 俗に言うキラカードです。
 ご覧の通り全部は集められませんでした。
 当時は学生でお小遣いも限られていたので、こんなもんでしょう。
 っと、懐かしがっていると、衝撃の事実が判明!

 
old094.JPG


 少々わかりづらいかもしれませんが、シミみたいになっているんです。
 どうやら保管の仕方がダメダメだったみたいで、劣化しています・・・。
 当時面白半分で購入して、スリーブにも入れずにファイルに入れっぱなしだったので、仕方ないと言えば仕方ないです。
 うーん、勿体無い。
posted by taki at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

Studio e・go! てんあく

 今回は昔を懐かしむため、ミニガイドブックを掘り当てました。
 Studio e・go!の「てんあく」です。
 Studio e・go!・・・はいざこざが有ったみたいで公式ホームページ自体がもう有りません。
 Studio e・go!と言えばソフトにネット認証をいち早く導入したブランドですが、公式ホームページ自体が無いとなるとゲームのプレイが不能になってしまうのではないでしょうか。
 その点あかべぇそふとつぅのように、発売してしばらく経ったら認証解除パッチを公開するのは正解ですね。

 
old089.JPG


 さて、ミニガイドブックを見ていきましょう。
 Wikiによりますと、「てんあく」は2002年10月25日に発売したそうでして、既に10年経っていますか。
 5周年記念作品だそうで、初回の販売価格が3,800円(税別)と安いですね。

 
old090.JPG


 表紙をめくるとストーリーが書いてあります。
 「どうせならヤるコトヤっとけ!!」と書いてあるように、エロエロな内容です。
 主人公は盗みと喧嘩が得意だそうですけど、車に撥ねられそうになる女の子をかばうとは、なかなか良い奴です。
 これくらい良い奴じゃないとプレイする側もプレイしていられない部分もありますしね。

 
old091.JPG


 キャラ紹介です。
 やはり山本和枝さんの絵が光ります。Studio e・go!のウリだっただけあります。
 今はでぼの巣製作所で活動されていまして、ほんの少しだけ画質が変わっています。
 それでもこの10年前の絵も、今でも十分通用する感じで、レベルの高さが分かります。
 男性キャラも女性キャラもどちらも好感が持てる画風だと思います。

 でぼの巣製作所では既に10以上のソフトを発売していまして(追加シナリオ含む)、中々好評なようです。
 全体的に巫女さんが目立つ感じですが、これが山本和枝さんの好みなのかどうなのかは不明です。
posted by taki at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

エイナス ファンタジー ストーリーズ

 今日紹介するのはセガサターンの「エイナス ファンタジー ストーリーズ」の広告です。

 
old087.JPG


 97年3月末発売予定とはまた懐かしい広告ですが、「1997年」じゃなくて「97年」なあたり、2000年問題が出てもいない時代です。
 ゲームデザイナーが飯淳さんで代表作がエメラルドドラゴンとは、PCエンジン系のRPG好きにはたまらないところです。

 
old088.JPG


 広告の裏です。
 PCエンジン版「聖夜物語」が前身だそうです。
 当時私は学生だったので聖夜物語もエイナス ファンタジー ストーリーズも買うお金が無く、広告だけ取っておいた感じです。つまりゲームをプレイした事もありません。
 ならば何故これがあるのかと言うと、RPGだからと言う理由もありますが、実はこの原画を担当したのが佐嶋真実さんだからと言う理由です。

 佐嶋真実さんは電撃PCエンジンで連載していた「魔獣戦線 ヴァルツァーの紋章」と言う、いわゆる雑誌連載の読者参加型ゲームの原画を担当していました(魔獣戦線 ヴァルツァーの紋章のWikiもあります)。
 プレイヤー側が魔獣で天使達が敵という設定が気に入りまして当時ハマったものですが、知ったのが連載終了間近だったので、ちょこっと雑誌を見て、後は小説を買って読んだ程度で終わってしまいました。
 当時の雑誌もまだ所持してまして、本当は全ての連載分を集めたかったのですがとき既に遅し・・・。
 何十軒も古本屋を回りましたが数冊しか手に入れられなかったです。
posted by taki at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

Dance×Mixer

 テックジャイアン2009年8月号の付録です。
 3Dのキャラクターを音楽に合わせて踊らせるムービーを簡単に作成できるソフトで、テックジャイアンの誌面上でも特集が組まれていました。

old084.JPG


 ぽよよんろっく氏が描くイメージキャラクター「ぴちぴち」です。
 3Dになってもこの可愛さは維持されてるのですが、そのネーミングセンスはどうかと思ってしまいます。
 右上の音符ちゃんも可愛いです!

old085.JPG


 エディター部分は本格的です。
 キャラの髪型や色を決めるのは簡単そうですが、このダンスエディターは作りがいがありそうな内容です。
 キャラの位置、動き、踊る速度、それらの繋ぎ合わせ・・・って本当に簡単に作れるの!?

old086.JPG


 どうやら低いスペックのPCでもムービーを軽快に見れる設定とかもあって親切です。
 私もWin2000時代まではムービーの重さには苦労しました。
 今のXPパソコンはCore2Duoでメモリ4GBなので大丈夫ですけどね(これでも十分古いって)。

 インタビューを読む限り初音ミクで音楽を作成するクリエイターが多いから、ダンスものを世に出してみようという事で売り出したそうです。
 実際YouTubeには様々なクリエイターがこれで作成したムービーをアップしています。
 しかしDance×Mixerは2012年5月でサポートを終了してしまいました。
 まあこうなる事は想像していましたが。

 プロモーションムービーがあるんですよ。
 田村ゆかりさんが歌うDance×Mixerのテーマソング「恋のタイムマシン」に合わせて、キャラ3名が踊るやつで、YouTubeでも見れるのですが・・・。

 何というか、萌えを売りにしてます。

 一般の「クリエイター」ならともかく、いわゆる萌えとはかけ離れた一般人がこれで何かを作ってみようとは思わないでしょう。
 もうちょい等身を上げてサイバーなカッコイイ雰囲気のプロモーションムービーを最初に作って、そこから「等身を下げた萌えムービーも作れますよ〜」みたいな感じにすればもっと話題に乗ったんじゃないかな・・・と思うのですが。
 初音ミクには確かに可愛いと言うイメージもありましたが、私はカッコイイとも思いました。
posted by taki at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

銀河お嬢様伝説ユナ トレーディングカード

 昔大いにハマった銀河お嬢様伝説ユナ(略して銀嬢伝)です。
 可愛い系の女の子がモビルスーツを着込む姿に魅了されたわけですが、漫画の方はお友達をテーマにしたもので、残念な感じでした・・・。
 それはさておき、当時はトレーディングカードも購入したものです。

 
old082.JPG


 キラカードです。
 普通のコモン的なカードも集めたはずなのですが、こういうのしか出てこなかったです。
 それらも取っておけば・・・と今になって思うんですよね。

 
old083.JPG


 これは第二弾のトレーディングカードだった記憶があります。
 少々高めだったのですが、全てがキラカードというまさにファン垂涎の一品でした。
 これ以外にも沢山の種類があるんですよ。
 
 それにしてもかなり昔なはずなのに、そんなに古さを感じさせないんですよね。
 キャラ数は多いのにOVAなんかで活躍してるキャラは限られていますが、ある意味キャラ設定は完成されてますね。
posted by taki at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

懐かしいCDRメディア 番外編

 実は昔使っていたこんなのも出てきたので、番外編を立ててみました。

 
old081.JPG


 CDRではなくCDRWなのですが、昔お世話になったものとして紹介します。今ではUSBフラッシュ等にとってかわってしまいましたね。

 ARITA 700MB 1〜4倍速
 maxell 650MB 1〜4倍速
 MITSUBISHI 650MB 1〜4倍速
 ダイソー 700MB 4〜12倍速

 これらも相当古いもので、正確なところは分かりませんが10年以上前だった気がします。
 以前デジカメで撮った動画を前回と同じようにLITEONのiHAS324で書き込み、PLEXTORのPX-820Aで読み込んでみます。
 
 さて、今回の結果は・・・。

 ARITA:CD読み込み、ファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能。
 maxell:CD読み込み、ファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能。
 MITSUBISHI:CD読み込み、ファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能。
 ダイソー:読み込み不可(iHAS324ならばCD読み込みファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能)。

 おおっ予想外に優秀です!
 当初は全部亡くなっていると思っていたのですが、ダイソー以外は問題無かったです。
 しかし中身の消去、CD書き込み等の時間を考えると、とても現在使い物にはなりません。
 そのバトンタッチされたUSBフラッシュもどれだけもつのかは分かりませんが、5〜6年を目処に交換を検討しています。
 交換と言っても、USBフラッシュ以外の良い記録媒体が出ているかもしれませんが・・・。
posted by taki at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

ブルーブレイカー 〜剣よりも微笑みを〜 トレカ

 年末なので大掃除をちょこちょこ始めているのですが、出てくるものはゴミばかりで紹介できるほどのものはありませんでした。
 そこで今日はファイルにしまいっぱなしになっていたカードでも紹介します。

 
old079.JPG


 なんとブルーブレイカーです。古いです!
 最初にゲームで出たのがPC-FXですよ。
 私は本体を持ってなかった上に買うお金も無かったので、雑誌で情報を見ることしかできませんでした。
 その後セガサターンに移植されたので購入し、友人と一緒にプレイしたものです。
 しかしそのセガサターン版が・・・バグが多いというか、ワイズが攻略できないなんてプレイヤーをなめてます。
 当時はインターネットなんて無かったので、その情報を知ったのがワイズ攻略を何回も再トライした後で、本当にショックでした。

 
old080.JPG


 カードの裏です。
 今でも所有しているのはこのホロカード2枚だけで、コモン的なものは全て処分してしまいました。
 ホロカード=レアなため、一応スリーブに入れて保管してあります。

 初版と書いてありますが、第二版以降が出たかどうかは不明です。
 何せ当時は本当に沢山の種類のトレカが発売されてましたから。あ、今でもそうでした
posted by taki at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

懐かしいCDRメディア その2

 数日前に写真で紹介した昔のCDRですが、せっかくなのでデータを書き込んで、それらがちゃんとコピー、閲覧できるかどうかを実験してみたいと思います。

 ・・・実はこんなのも出てきました。

 
old077.JPG


 02Graphical CDRと書いてありますが、イラストがプリントされているので最初どこかの同人サークルのCGでも入っているのかなとドライブに入れてみたら・・・ブランクCDRでした。
 どこで手に入れたんだろう・・・。同人系のイベントで配布していたのかな・・・?
 もう覚えてないです。
 それにしても書き込み対応速度が書いていないので、これは8倍速で試します。

 さて、これらCDRに焼き込むデータは・・・。
 今著作権やら何やらうるさいので、ここはデジカメで動画でも撮ってそれを書き込みますか。
 どんな動画というと・・・。

 
old078.JPG


 まあこんな手持ちのアイテムを撮影してました。
 ペーパーマンのレムのグラフィグです。可愛いです!
 見た目は寡黙な感じですが、シングルモードではしゃべりまくりです。

 撮影も終わったので書き込み開始ですが、書き込みドライブは数週間前に購入したLITEONのiHAS324で、書き込み後の読み込みドライブはパソコン購入時に付いていたPLEXTORのPX-820Aです。
 つまり書き込み=新しいドライブ、読み込み=古いドライブという訳です。
 しかもPLEXTORのPX-820Aは古いCD、DVDの中には読み込んでくれないものもある、死ぬ寸前のドライブです。イジェクトボタンもほとんど効きません。
 さて、結果はというと・・・。

 ◎結果
 That's CDR:読み込み不可(iHAS324でも無理)。
 SMART BUY:CD読み込み、ファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能。
 PLEXTOR 1枚目:読み込み不可(iHAS324でも無理)。
 PLEXTOR 2枚目:書き込み失敗。
 Graphical CDR:CD読み込み、ファイルコピーOK。中のファイルも閲覧可能。

 何とイロモノの2つが大丈夫で、他が撃沈とは面白い結果になりました。中でもSMART BUYやるじゃん!
 That'sあたりは信頼性があって読み込めるかなと思ったのですが、さすがに8倍速のCDRは古すぎましたか。
 何にせよ、どこかから出てきた古いCDRは「データを保存」という事には向かないという事ですね。
posted by taki at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

懐かしいCDRメディア

 昔を懐かしむシリーズはちょっと趣向を変えてこんなのを紹介してみます。

 
old074.JPG


 昔のCDRメディアです。
 どれだけ古いかと言うと、10年以上前の物です。
 何せ内蔵型CD-Rドライブを購入した時に、箱に入っていた品物だった記憶があります。
 つまり、DVD書き込みのドライブが出る前なのです。
 これだけの機能しか無いドライブでも数万だった記憶があり、今は本当に安くなったものです。
 この裏面には1〜8倍書き込み対応の文字が・・・古っ。

old075.JPG


 これはその当時友人と秋葉原散策した時に見つけたメディアです。
 パッケージがイロモノだったので「これ大丈夫かよ〜」とか話しながらついつい購入して、未だに使わずに現在に至ったわけです。
 16倍書き込みまでしか出来ないと書いてありますが、上のThat'sよりは勝っていました。
 それでも16倍かYO。

 
old076.JPG


 これはPLEXTORのCD-Rドライブを購入した時に付いていたメディアです。
 残念ながら書き込み速度は書いてありませんでした。
 当時PLEXTORは自分の中では信頼性があり、メディアが2枚あるという事は2台は購入した形です。
 一回だけTEACも購入した事はあるのですが、CDを再生して10秒位で読み込みが止まってしまうような不具合が出たりしました。
 結局ファームウェアを最新のものにアップしたら直ったのですが、当時はそんな知識もなく、友人に何度も聞きながら対応しました。

 それにしてもこれらは内蔵型CD-Rドライブの付属品だったから勿体無くて使わなかったり、パッケージがイロモノだったので買うだけ買って使わなかったりと、結局使わずじまいです。
 ・・・今になって使えるのか?というか、使い道あるのか?(古さという意味で)
posted by taki at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

銀河お嬢様伝説ユナ 哀しみのセイレーン

 昔のVHSのビデオ等を整理していたら、こんなものが出てきました。
 
 
old071.JPG


 銀河お嬢様伝説ユナのVHSです。

 銀河お嬢様伝説ユナは、Wikiによると美少女ゲームの先駆けとも言える作品で、当時私もその可愛い絵柄とカッコいいモビルスーツを気に入って、たちまちファンになってしまいました。
 ファンクラブにも入っていたくらいです。

 
old072.JPG


 そのユナのビデオなわけですが、実はこれはレンタル専用のやつで前編・後編両方が1本に入っているんです。
 ビデオ屋さんの販売ブースにあったやつで、かつてレンタルとして置いてあったビデオを、処分という形で売りに出していたのを私が購入しました。もう15年以上前の事だった気がします。

 うちにはまだ再生できる機器があるので観てみました。
 さすがに画質は荒い上に、所々劣化しているような状態でしたが、一応最後まで観れました。
 しかし懐かしいなぁ・・・と思っても、実はPSPで「PC Engine Best Collection 銀河お嬢様伝説コレクション」が2008年に出ているんですよね。
 私はPSP本体を持っていないので買わなかったですが、美少女ゲーム創世記の貴重なタイトルをよく再びPSPで出してくれたと思いました。
 ハドソンあっぱれ!

 ・・・余談ですが、タクティカル・アドベンチャーゲームの銀河お嬢様伝説ユナ FINAL EDITIONでは、お茶の佳華が強いです。
posted by taki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

ドラゴンクエスト4 説明書

 今日はSFC版エメラルドドラゴンよりも更に古い物を掘り出しました。

 
old068.JPG


 何とFC版ドラゴンクエスト4の説明書です。
 友人の間では3が好きな人が多いのですが、私は断然4が好きです。
 キャラ設定がしっかりしている所がハマりました。音楽も好きです。
 ・・・まあAI戦闘は、まいりましたけどね。

old069.JPG


 キャラ紹介のページです。
 私は勇者、ライアン、アリーナ、クリフトの肉弾PTでずっと組んでいました。
 AI戦闘によって好き勝手に魔法を使われるのが嫌だったので、ブライ、マーニャはFC版はあまり加えなかったです。
 ただPS版はブライはルカニ、ルカナン、バイキルトを使わせて大活躍でした。
 マーニャも大火力で敵を燃やしまくりで、やはり作戦の「めいれいさせろ」の導入は大きかったです。

old070.JPG


 この説明書は57ページもあって実に親切に書いてあります。
 イラストをふんだんに使って説明してあるあたり、小さい子にも分かりやすい作りになっています。
 リセットボタンを押しながら電源を切るという初歩的なものから、はたまた4章では最初にマーニャの踊り娘の服を売るとかも書いてあります。高く売れるんですよね。
 聖水でメタル系を倒せるとは書いてなかったです。確か私は友人から聞いてこの方法でメタル狩りをしたものです。

 しかし上のページのイラストではミネアとクリフトが死んでいますが、まさに人選ミスです。
 どちらかの代わりに勇者入れてれば良かったのに・・・と思ってしまいます。私が小さい頃もそう思いました。
posted by taki at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

エメラルドドラゴン スーパーファミコンのチラシ

 今日紹介するのは、かの有名なエメラルドドラゴンのチラシです。
 私がエメラルドドラゴンを知ったのは、雑誌電撃PCエンジンの誌上であり、つまりPCエンジン版でした。
 しかし一番最初に作品が発売されたのはそれよりもずっと前の1989年12月12日だとWikiに書いてあります。いやはや古い。
 当時は独特のファンタジーの世界と木村明広さんの綺麗なイラストで相当はまりましたが、残念ながらPCエンジン版は買えず、プレイしたのはSFC版のみでした。

 
old066.JPG


 そのSFC版のチラシがこれです。
 今見ても全然古さを感じさせない綺麗なイラストです。
 これですよ。このカッコいいアトルシャンと可愛いタムリンの2人が良いんです。
 髪の色が赤だったり緑だったりしますが、派手に見えないところが木村明広さんの上手いところです。
 ハスラムとファルナを推す人も多いですが、私は断然この2人ですね。

 
old067.JPG


 チラシの裏です。
 各種書籍の紹介ですが、電撃文庫の小説は・・・見なかった事にしましょう。
 電撃スーパーファミコンは毎回購入していたので、その記事にはお世話になりました。
 マル勝スーパーファミコンよりも多く取り上げていて、ファンページもあった記憶があります(電撃PCエンジンの方だったかも)。

 ・・・ただ盛り上がりに欠けた印象がありました。
 やはり当時SFC全盛期で、RPGはドラクエ、FF、ロマサガ、はたまた聖剣伝説まで出てくると、それらには太刀打ちできませんか。
 しかし仲間との出会いあり、戦いあり、ラブストーリーありで、非常に魅力的な作品であった事は間違いありません。
posted by taki at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

To Heart2 シール式切手

 今日はちょっと異色の品物を紹介します。
 なんとTo Heart2のシール式切手です!
 切手を収集している関係で手に入ったものです。ただ最近は記念切手の乱発で、切手収集家も減っている気がしますけどね・・・。

 
old064.JPG


 表紙です。
 購入したのは数年前ですが、これ自体が発売されたのはもっと前だと思うので、まだメンバーはこのくらいの人数です。
 たま姉が凄い人気なんですよね。
 美人で気さくで面倒見の良いお姉ちゃんキャラなのがポイントなのでしょうか。

 
old065.JPG


 中身です。
 2大ヒロイン(?)このみと環のイラストと、切手が収まっています。
 切手は80円切手が10枚で、それぞれ絵柄が違います。
 こういう切手は本当の意味で「記念」なので、滅多に使われる事が無いです。
 まあ実際額面は800円でも、購入金額はもっと高いですから、使うためのものじゃないのかもしれませんが。
 私もこれを切手展で購入した時は、うん千円でした。

 現在の創作系のシール式切手は「フレーム切手」と言う物に置き換わっています。
 基本的にスポーツの優勝記念だったり、イベントの開業記念だったりするので、通信販売、イベント会場での販売ですが、郵便局の窓口でもたまに売ってます。
 80円切手10枚付いてるやつで、1200円〜と言う値段なので、発売1〜2日で売り切れはしないみたいですが。
 ・・・と言うより、今の郵便局は記念切手が売れ残りすぎですよ。
 あれだけ乱発するとそうなります。
posted by taki at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

テックジャイアン2001年4月号

 今日紹介するのは昔の雑誌です。
 とは言っても購入当時から保管していたものではなく、古本屋で発見した物です。

 
old063.JPG


 2001年4月号のテックジャイアンです。11年前の雑誌です!
 当時私が購読していたのはE-Loginで、テックジャイアンは友人がたまに購入していたので、見せてもらっていた記憶があります。
 付録がCD-ROMで、Windows95/98対応というのが時代を感じさせます。

 肝心の中身は・・・写真を見せるには雑誌の著作権者の許諾が必要らしいのですが、こんな誰も来ないブログで許諾を取っても仕方ないので感想を交えた文章だけにします。

 ◎みずいろ ねこねこソフト
 ねこねこソフトの名を世に知らしめたソフトの一つ、「みずいろ」の記事がありまして、まだ当時は発売前だったんです。
 購入特典にネコ缶が付くと書いてありましたが、こういうファンにとって嬉しいお遊びは当時珍しかったんじゃないでしょうか。
 だからこそ有名になったんだと思います。

 ◎幻燐の姫将軍 エウシュリー
 1/2ページでの紹介でしたが、エウシュリーのファンの私としては語らないわけにはいきません。
 こちらも発売前です。
 これはファイアーエムブレムのようなシミュレーションゲームですが、各MapのボスのLVが高すぎて難しかったです。
 しかも最終戦はMapのボスクラスの敵が4人も居るし、しかも固定じゃなくて迫ってくるし!
 ・・・あーでも2周目はエウシュリーちゃんが加入して、楽にクリアできました。エウシュリーちゃん一人でボス倒せちゃうし・・・。
 カーリアンが良いキャラなんですよね。綺麗で強くて頼りになるお姉ちゃんな感じで、ビジュアルも気に入っています。

 ◎吸血殲鬼ヴェドゴニア ニトロプラス
 バンパイアハンターの話ですね。
 これは私よりも友人が気に入っていまして、横でやっているのを見ててムービーが綺麗だった印象があります。
 後に発売されたTCGランブリングエンジェルもヴェドゴニアのキャラが出るという事で購入してました。
 今見ると、武器が魅力的に感じます。SPAS12改、レイジングブル・マキシカスタム等・・・。
 実はこの紙面に次回作「Hello,World」の製作が発表されています。
 虚淵玄さんのインタビューが記載されていました。

 他にもLeafの誰彼、Circusのインファンタリア、アリスソフトの夜が来る!あたりの有名どころが載っていますが、紹介しだすときりがないので省略します。

 ソフト以外の事は・・・アクエリアンエイジのエキスパンション第五弾「オリオンの少年」が発売されたそうです。
 ラブひなトレーディングカードゲームなんてのも載っていました。
 『「居る、見る、知る」はもらっていくよ!』さんによりますと、「ちょっと前までは1作品1TCGが当たり前だった時代だった」そうです。
 そういう時代もあった気がしますが、それだと戦略とかが1〜2種類くらいに確立されてしまって、あまり広がらないんですよね。
 1作品1TCGの宿命と言ったところでしょうか。

 本当は中身に関しても昔の懐かしさを共有できれば良いのですが、ダメだそうなので仕方ないです(表紙の撮影は賛否両論あるんですよね)。
posted by taki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

スカーレット 特別小冊子

 今日は比較的新しいネタを出そうと思います。
 ねこねこソフトのスカーレットの小冊子です。
 スカーレットと言えば、ねこねこソフトが休止宣言をしてから発売したソフトで、みずいろ、ラムネと言ったほんわかとしたストーリーではなく、世界をまたにかける諜報員の話です。
 その諜報員の話も良い感じですが、ギャグも楽しいんですよね。
 回転寿司ネタ、明人の部屋のエロ本ネタも面白いですが、一番は美月のよっぱらいネタだと思います。
 声優のまきいづみさんの演技が上手すぎです。

old060.JPG


 表紙です。
 右下に書いてある通り、テックジャイアン2006年4月号の付録です。
 ・・・もう6年前じゃないですか。
 比較的新しいとは言え、こんなに前だったとは驚きです。
 しずかがコーンのアイスを食べていますが、私はアイスが溶けてたれてくるのが嫌なので、買うときはいつもカップ式のやつにしています。

old061.JPG


 ストーリー、システム、ワールドが説明してあります。
 背景も日本だけでなく、南アフリカ、東ヨーロッパなど多彩に使われています。
 用語解説のシステムが搭載されていて、出てくる武器等の情報が見れますが、当時は流す程度に見てました。
 しかし最近サバゲーにハマっていて武器にも興味がでている為、今ならもっと熱心に見れたかもしれません。

old062.JPG


 インタビューとねこねこソフトの歴代タイトルの紹介です。
 目玉となった銀色、みずいろは、もう10年以上前の作品でした。時の経つのは早いものです。
 特にみずいろはコンシューマ化したり、ファンディスクのコンテンツでも常連だったりと、本当に息の長い作品で、私も好きです。
 途中で麻美先輩のしゃべりがおかしくなったのは非常に残念でした。

 それにしてもここ最近ねこねこソフトは順当にソフトを出していますが、話題性に欠ける気がします。
 休止前はもっと盛り上がっていた記憶があるのですが。

 ・・・う〜ん、Whiteをプレイした感想としては、少し残念でなりません。
 キャラに関してはメインのマリカ、ブリジット、ほたるがロリ属性ででカナンが年上属性とは、偏りすぎです。はっきり言ってサブヒロインのミサ、クレアの方が魅力的です。
 ストーリーに関しても同じ事が言えまして、ミサのストーリーが一番好きでした。
 それにキャラ絵に関してもスカーレットの頃が一番安定してたなぁと、小冊子を見てつくづく思いました。
 時代の流れと言うのもあるでしょうけれど・・・。
posted by taki at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

ホワイトアルバム小冊子

 ホワイトアルバムが発売したのは、もう10年以上になりますか・・・。年が経つのは速いものです。
 とは言っても、ホワイトアルバム2が発売されたり、今年3月にはリメイク版のWHITE ALBUM -綴られる冬の想い出-がPS3だけでなくWindows版が発売されたりと、また話題が出てきています。
 声優が平野綾、水樹奈々を起用している点も話題になってたり。

 さて、そんなホワイトアルバムの1998年に発売した方のWindows版小冊子が出てきました。

 
old057.JPG


 うーん、懐かしいです。
 1998年7月のE-Loginの付録です。
 当時何人もの友人が持っていて、その友人達に前作To Heartを勧めた記憶があります。
 みんな見事にLeafにハマってくれました。
 そういえばQueen of Heartもやったなぁ。

 
old058.JPG


 キャラクター相関図です。
 主人公が入ってない・・・。
 まあもし主人公が入っていたら、由綺との関係が既に「恋人」となってるはずなので、他のキャラを攻略に行くと不倫になるとか・・・。

 
old059.JPG


 ヒロインの攻略ページです。
 チェックポイントの欄で攻略チェックできるのが親切です。
 しかし一枚絵も上手いなぁ。
 やや古さは感じられますが、今でも充分通用する絵ですよね。

 私が一番好きだったのは美咲さんでした。
 別に先輩フェチではなかったのですが、あの物腰の柔らかさ、優しさには惹かれました。
posted by taki at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

もえたまごソフト&STRIPE

 今日は比較的浅い地層から遺物を掘り出しました。
 今から5年前、2006年に発売したPCゲームタイトルのチラシです。

 
old053.JPG


 もえたまごソフトの「ふたごとへぶん」と、STRIPEの「ブルーディスティニー」です。
 秋葉原のPC18禁ゲームの売り場に置いてあるやつですね。

 
old054.jpg


 このソフトはプレイしました。
 主人公が学園の女子寮の寮長になって、そこで2組の双子と仲良くなるというストーリーですが・・・。
 うーん、この質とボリュームで定価8800円は厳しいかなという出来でした。
 主人公の性格が最低すぎてやる気がおきません。
 2種類エンディングを見るのが精一杯でした。

 
old055.jpg


 これはプレイした事がないです。チラシだけ持っていました。
 工房の主人となって武器を創るとあるので、システム的にも楽しそうですし、絵も綺麗です。
 それも40種類もの武器が創れるそうです!

 ・・・少なくないですか?

 工房といえばエウシュリーの神採りアルケミーマイスターがありますが、あっちはその何十倍ものアイテムが創れるんじゃないですか?
 ・・・比べる相手が悪いですかね。

 それでこの2つのブランドですが、もえたまごソフトは2011年6月末日で解散、STRIPEは沈黙したっきりです。
 STRIPEは戯画の後ろ盾がありそうなので消滅はしなさそうですが、やはり他のソフトには無いような光る要素がないと売れないあたり、厳しい業界なのでしょうね。
posted by taki at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ゲーム、アニメの葉書

 毎回キワモノ・・・もとい懐かしい物を紹介するブログになってしまいましたが、今回紹介するのは葉書です。
 私から昔から切手を収集していますが、小さいときは葉書も色々取ってありました。
 ほとんどが旅行先で購入した景色の葉書なのですが、そうでないものも発見してしまいました。

 
old049.JPG


 ゲームやらアニメやらのが何点か出てきたのです。
 ガイア幻想紀、幽遊白書、同級生ifです。
 ガイア幻想紀なんてスーファミのソフトじゃないですかっ。

 
old050.jpg


 そのガイア幻想紀の葉書の表と裏です。
 エニックスから発売したアクションRPGで、1993年という文字が目に付きます。
 実際発売したのも1993年11月27日と、何と18年前です。
 多分マル勝スーパーファミコンの付録で付いていた葉書で、ゲーム自体も欲しいなぁ〜と思ってはいたのですが、当時のお小遣いではFFシリーズやロマサガシリーズを購入するので精一杯でした。

 
old051.jpg


 幽遊白書の葉書の表と裏です。
 当時の少年ジャンプでは一世を風靡したタイトルで、アニメやらゲームやらグッズやらが大量に出ていた記憶があります。やおい系同人誌も・・・。
 最後は残念な終わり方でしたが(涙
 しかし葉書の表には41円切手をお貼りくださいの文字が・・・。
 今は50円じゃないと届かないっつーの。それより、もう9円切手なんて郵便局に売ってないっつーの。
 古すぎでした。

 
old052.jpg


 同級生ifは私の知らないタイトルです。「同級生」自体は有名ですが、このシリーズは一つもプレイした事がありません。
 2枚葉書がありまして、どちらも葉書の表にSATURN FANの文字があるのでセガサターンのタイトルですね。
 アーイシャ・タナカ・・・じゃなくて田中美沙と桜木舞の2枚があって、表はどちらも一緒です。
 ゲーム批評のサイトを見てみると、オリジナル作品が1993年に出て、その後サターンに移植されて合計17人が攻略対象のキャラクターになったそうです。
 今プレイしたら、ボリュームが凄そうです。
 今のPC18禁ゲームは攻略対象が5〜6人あたりが普通ですし・・・。
posted by taki at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

ラグナロクオンライン公式ガイド

 本来当ブログの昔を懐かしむシリーズは、私の家にしまいこんであった懐かしい冊子等を紹介するものですが、今回は古本屋で見つけた1冊を紹介します。

 
old45.JPG


 MMORPGのラグナロクオンラインの公式ガイドブックです。
 とは言っても、2003年11月1日初版発行という年代ものです。
 値段は・・・20円でしたっ。

 
old46.JPG


 現在は9THアニバーサリーパッケージが発売するほど長く続いているオンラインゲームですが、その黎明期を思わせる部分が多く見られます。
 なにせ、コモドが実装されていない!
 つまり、課金開始〜最初の大型アップデート実装の間あたりに発売して読むためのガイドブックだったのでしょう。
 最新マップがルティエとは、懐かしすぎます。

 
old47.JPG


 スキル関連も全然違いますね〜。
 これはブラックスミスのスキルのページですが、ヒルトバインディングの仕様が「死亡したとき、手に持った武器を握り締めて、武器を絶対に落とさなくする。対象となるのは、装備している武器のみ。」という、今とは全然違うものです。
 キャラが死亡したときにアイテムを落とすのは不採用になりましたが、採用されて数十M単位のアイテムを落としたらとんでも無い事です。いきなりの引退者続出だったかもしれません。

 さらにアドレナリンラッシュを見てみると、効果がまだパーティメンバーにも適用される状態です。
 これ、コモドパッチ後はパーティメンバーは斧か鈍器を持っていないと適用されなくなったので、当時ブラックスミスを主体に活動していた人達からブーイングが凄かったです。
 周りのみんなは優しかったので、コモドパッチ後もブラックスミスをPTに入れてくれてました。感謝感謝です。

 さて、そんな公式ガイドブックですが、マップ、スキルの効果、モンスター配置などなどがことごとく変更されまくったために、とても使い物にはなりません。
 となると、これの存在意義は・・・。

 
old48.JPG


 超肉さんの漫画がありました!
 合計すると12Pですが、可愛い絵でラグナロクオンラインの基本を見ていけます。
 これだけで20円以上の価値はあるでしょう!

 古本屋でこういった昔の本を見つけるのも中々楽しいものでした。
 特に雑誌で古いのがあったら更に楽しそうです。
posted by taki at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。