ランス9 ヘルマン革命

【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!

2012年06月14日

ドラゴンクエスト4 説明書

 今日はSFC版エメラルドドラゴンよりも更に古い物を掘り出しました。

 
old068.JPG


 何とFC版ドラゴンクエスト4の説明書です。
 友人の間では3が好きな人が多いのですが、私は断然4が好きです。
 キャラ設定がしっかりしている所がハマりました。音楽も好きです。
 ・・・まあAI戦闘は、まいりましたけどね。

old069.JPG


 キャラ紹介のページです。
 私は勇者、ライアン、アリーナ、クリフトの肉弾PTでずっと組んでいました。
 AI戦闘によって好き勝手に魔法を使われるのが嫌だったので、ブライ、マーニャはFC版はあまり加えなかったです。
 ただPS版はブライはルカニ、ルカナン、バイキルトを使わせて大活躍でした。
 マーニャも大火力で敵を燃やしまくりで、やはり作戦の「めいれいさせろ」の導入は大きかったです。

old070.JPG


 この説明書は57ページもあって実に親切に書いてあります。
 イラストをふんだんに使って説明してあるあたり、小さい子にも分かりやすい作りになっています。
 リセットボタンを押しながら電源を切るという初歩的なものから、はたまた4章では最初にマーニャの踊り娘の服を売るとかも書いてあります。高く売れるんですよね。
 聖水でメタル系を倒せるとは書いてなかったです。確か私は友人から聞いてこの方法でメタル狩りをしたものです。

 しかし上のページのイラストではミネアとクリフトが死んでいますが、まさに人選ミスです。
 どちらかの代わりに勇者入れてれば良かったのに・・・と思ってしまいます。私が小さい頃もそう思いました。
posted by taki at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

エメラルドドラゴン スーパーファミコンのチラシ

 今日紹介するのは、かの有名なエメラルドドラゴンのチラシです。
 私がエメラルドドラゴンを知ったのは、雑誌電撃PCエンジンの誌上であり、つまりPCエンジン版でした。
 しかし一番最初に作品が発売されたのはそれよりもずっと前の1989年12月12日だとWikiに書いてあります。いやはや古い。
 当時は独特のファンタジーの世界と木村明広さんの綺麗なイラストで相当はまりましたが、残念ながらPCエンジン版は買えず、プレイしたのはSFC版のみでした。

 
old066.JPG


 そのSFC版のチラシがこれです。
 今見ても全然古さを感じさせない綺麗なイラストです。
 これですよ。このカッコいいアトルシャンと可愛いタムリンの2人が良いんです。
 髪の色が赤だったり緑だったりしますが、派手に見えないところが木村明広さんの上手いところです。
 ハスラムとファルナを推す人も多いですが、私は断然この2人ですね。

 
old067.JPG


 チラシの裏です。
 各種書籍の紹介ですが、電撃文庫の小説は・・・見なかった事にしましょう。
 電撃スーパーファミコンは毎回購入していたので、その記事にはお世話になりました。
 マル勝スーパーファミコンよりも多く取り上げていて、ファンページもあった記憶があります(電撃PCエンジンの方だったかも)。

 ・・・ただ盛り上がりに欠けた印象がありました。
 やはり当時SFC全盛期で、RPGはドラクエ、FF、ロマサガ、はたまた聖剣伝説まで出てくると、それらには太刀打ちできませんか。
 しかし仲間との出会いあり、戦いあり、ラブストーリーありで、非常に魅力的な作品であった事は間違いありません。
posted by taki at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

To Heart2 シール式切手

 今日はちょっと異色の品物を紹介します。
 なんとTo Heart2のシール式切手です!
 切手を収集している関係で手に入ったものです。ただ最近は記念切手の乱発で、切手収集家も減っている気がしますけどね・・・。

 
old064.JPG


 表紙です。
 購入したのは数年前ですが、これ自体が発売されたのはもっと前だと思うので、まだメンバーはこのくらいの人数です。
 たま姉が凄い人気なんですよね。
 美人で気さくで面倒見の良いお姉ちゃんキャラなのがポイントなのでしょうか。

 
old065.JPG


 中身です。
 2大ヒロイン(?)このみと環のイラストと、切手が収まっています。
 切手は80円切手が10枚で、それぞれ絵柄が違います。
 こういう切手は本当の意味で「記念」なので、滅多に使われる事が無いです。
 まあ実際額面は800円でも、購入金額はもっと高いですから、使うためのものじゃないのかもしれませんが。
 私もこれを切手展で購入した時は、うん千円でした。

 現在の創作系のシール式切手は「フレーム切手」と言う物に置き換わっています。
 基本的にスポーツの優勝記念だったり、イベントの開業記念だったりするので、通信販売、イベント会場での販売ですが、郵便局の窓口でもたまに売ってます。
 80円切手10枚付いてるやつで、1200円〜と言う値段なので、発売1〜2日で売り切れはしないみたいですが。
 ・・・と言うより、今の郵便局は記念切手が売れ残りすぎですよ。
 あれだけ乱発するとそうなります。
posted by taki at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔を懐かしむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。